2013年5月30日木曜日

無課金ガチャ無しパーティーついにゼウスを倒す

結果からいうと石6個(キマイラ4、ゼウス2)でゼウスを倒した。
無課金でガチャ無しという事を考えれば、
6個っていう数字だけ見れば上々というか、
これ以上の結果は無いだろうと思う。我ながら。
攻略というほどのもんじゃないけど、
自分がどうやったかをメモ。
すべての+卵を魔王さんに集めているので
妙に魔王だけ気合い入って見えます
魔王は当然両MAX。
CDKはスキルlv1
ヘラもスキルlv1
エキドナはスキルlv2(友情ガチャから出た2匹目を食わせたら幸運にも上がった)

石10個しか用意できなかっため、このパーティーでは心もとないので、
直前にネット掲示板で一日だけゼウスを貸してくださいと頼んでみたところ、
なんと+297と+260の二体を他人様から貸してもらえることになった。
このゼウス297さんのおかげで、
火キマイラの通常攻撃14580を超えるHPを確保できた。
本当に本当にこれが効いていた。
道中の安定感にも直結したと思う。
そしていきなり2戦目の画像。
緊張すると人はどうしてスクリーンショットを撮るのを忘れるのでしょうか。

1戦目のキメラは最初の一撃で2体落とした。
キメラは雑魚なんだが、それでも通常攻撃が7500くらい。
連続攻撃では10000を超えてくるので三体も同時に相手にしたら事故が起きる。
なんとか一体だけ残すコンボ計算を事前にザックリと考えてたから焦らず遂行できた。
1戦目から全力でスキルために入る。
しかし5ターン当たりで間違って倒してしまう。

そして2戦目。
仮面ステージでのスキル貯めがゼウス攻略の8割です。
ここが踏ん張りどころ。
セオリー通り真ん中の神秘の仮面をまず落とす。
俺は神面が怖いので全色攻撃で早めに仕留めた。
それから左右の仮面を二体同時に相手にする。
自分の回復力と、回復ドロップの数をなんとなく考えて、
出来るならば二体を同時に相手にした方がスキル貯めが長くできる。

1ターンの9999に耐えれば次は6ターンの間隔が空きますから
二体いても何とか相手に出来るんですね
ターンが被っていたらもちろん片側を落とす必要があります。
コツはエキドナのスキルを使ってしまうこと。
ここで再びエキドナが貯まるまでターンを稼げないということは
このチャレンジの失敗を意味しますからね。
当然、頃合いをみてエキドナを使います。
三戦目に突入した時点でラスゴが残り7ターン。
ということは俺は一戦目で5ターン、二戦目で23ターンも貯めた事になる。
二戦目は本当はもうちょっと行けたが、これまた事故って消してしまう。
でも多分キマイラで7ターン以上、掛かるので気にしない。

で、デビル三体なんですが、
闇が散らばってるので、どうにも一撃で抜ける自信がなくって、
魔王のスキルを使ってしまった。

ハートを闇に変換して全体攻撃で一掃した。
キマイラにたどり着いて、そのターン被りを確認するまで、
コンテニュー石を使えるわけがない。
チャレンジ断念する可能性もあるのだから。
神様っているんですね・・。
初挑戦でターン被りが出てくれました。
駄目なら引き返すと決めていました。
ラスゴ、ギガグラ、ギガグラで、
これだけ減ります。よく見る光景ですね。
ここからがガチの殴り合いです。
ララパルーザです。
やりました。
二時間掛かりました。

こんなに一手一手に長考を繰り返したのは初めてです。
キマイラは落ちコンがほとんど来ず、
俺の本来の(しょぼい)パズル力で地道に突破しました。
長考に長考を重ねて全体攻撃と4コンボを絡めて倒しました。
ゼウスよりキマイラが辛いのは本当でしたね。

そしてゼウス。
ゼウスは単体なので全体攻撃が必要なく、
コンボ数が稼げるので意外と楽でした。
毎ターン、残HPが目に見えて減ってくれますから。

そしてキマイラ戦で起きなかったラッキーコンボが2、3度起きました。
これはきっと偶然ではないと思います。
キマイラ戦では全体攻撃を狙ってたので、
それだとやはりコンボが繋がりにくいんですね。
さっそく倉庫の在庫を使って育成を始める。
さようならノエルドラゴン。一度も使わなかった。
また次のクリスマスかバレンタインに配ってください。
結構、形になってきました。
さっさとLv99に上げてから、
冒険者さんにフレゼウスを勧誘に行きたいと思います。
ゼウスを貸してくれた他人様のお二人にはお礼のメールを送りました。

【まとめ】
今回のチャレンジで一番の反省点は
緊張して指汗が止まらなくて、指が全然滑らなくて困ったこと。
結局、いつもと違う指で操作して対応した(致命的な操作ミスも一回でた)
こんなことなら普段からスマホ用のタッチペンで操作しておいた方がよかった。
100均で売っているのだろうか、マジで買いに行く


0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」に名前/URLを選ぶと任意の名前を入力できます。匿名を選ぶと匿名と表示されます。画像認証はGoogleアカウント等を選ぶことで回避できます。その際はアカウント名で表示されるのでご注意ください。※当ブログのコメント欄はiPhoneと相性が悪いようです。PCからは問題なく書き込めます。